2008年11月09日

祝ライオンズ優勝

埼玉西武ライオンズが見事な逆転劇を披露してくれた
7回表先頭の片岡が死球を浴びガッツポーズ
この瞬間、ライオンズが同点に追いつくことは
誰もが予想できたことであろう

そして中島の3塁ゴロで見事なスタートをきり
同点のホームを踏む
中継ぎの越智だが登板したときから
少し力んでいるように見受けたのは気のせいだろうか

その力み?のせいで平尾に打順がめぐってきたのであろう
平尾が見事な逆転打をはなち
この回一気にライオンズがリード

8回からはライオンズの抑えのグラマンが登板
ここで勝負あったといえる

最終回、ジャイアンツの打線も火を噴くことはなく
そのまま試合終了
埼玉西武ライオンズの見事な優勝となった

中島、怪我を負ってのの出場だったが
野球センスの高さは一際目立つものがあったといえる

ジャイアンツ、よく健闘したが残念ながら優勝には
手が届かなかった
敗因を挙げるとすれば李を最後まで信頼して起用したことと
阿部の怪我によって攻守にダメージを受けたことであろう
それにしても小笠原は痛い手を庇いながら
最後までよく戦い抜いたと思う
また主砲ラミレスの見事なサヨナラ弾と
見ごたえのある決戦であった

最後に勝利の女神が微笑んだ埼玉西武ライオンズ

第6戦での岸の投入こそが最終戦へ持ち込んだといえる
そして最終戦でのエース涌井を中継ぎとして起用したことが
この優勝をもぎとったのであろう
野球ファンにとって見ごたえのある戦いであった

posted by ふっかふか at 21:40 | スポーツ

2008年11月08日

ジャイアンツV逸

東京ドームで行われた日本シリーズ第6戦
勝てば優勝という立場の読売ジャイアンツ
結果は4−1でVならず

優勝は明日の最終戦に持ち越された

再三のピンチによく好投したライオンズの岸投手
ライオンズ2年目の投手だが
投手らしい投手といえる

渡辺監督、最後まで岸投手を信頼している気持ちが
よく伝わってきた
最終回のみならず何度かのジャイアンツのチャンスの局面
最後まで岸投手を代えなかったのは
この試合、岸投手と心中しようという覚悟で臨んだのであろう

この試合、岸投手で負けジャイアンツの優勝
決定していても悔いは残らないと判断したに違いない

続きをどうぞ^^
posted by ふっかふか at 23:03 | スポーツ

2008年03月21日

浅田 真央 まさかの転倒と歓喜の涙

世界フィギュアスケート選手権
フリーで逆転優勝を狙う浅田 真央
がジャンプを失敗してまさかの転倒

転倒した瞬間
浅田 真央は眼の前が真っ暗になったといってます
当然ですね
完璧な演技で優勝を狙っている浅田 真央
その彼女の得意とするジャンプでの転倒ですから

しかしここから浅田 真央は凄かった
最後まで諦めることなく渾身の演技で観客を魅了
演技を終えた浅田 真央は満足そうな笑みに満ち溢れていました

そして得点が告げられた瞬間
浅田 真央の頬に涙が溢れだしました
いつまでたってもとまりません
当然ですね

絶望ともいえる転倒したにもかかわらず
まさかの優勝を手にした浅田 真央
涙がとまらないのも当然ですね

今回のフィギュアスケートで
もうひとり魅せてくれた選手がいます

その選手はキム・ヨナ
彼女のフリーの得点、今回の大会で
最高をマークしました
前日のSPで転倒したことで得点が伸び悩んだにもかかわらず
最後まで諦めなかった集中力と気持ちが
フリーでの最高得点をマークしたのではないでしょうか

この大会、いろいろなことを
私たちに教えてくれたような気がします
浅田 真央の優勝
心から祝福したいと思います


posted by ふっかふか at 10:16 | スポーツ

2008年03月20日

浅田 真央 優勝へ向けて フィギュアスケート世界選手権

フィギュアスケートの世界選手権第2日
女子ショートプログラム(SP)が終わった時点で
昨季2位の浅田 真央は2連続3回転ジャンプを成功し
今季自己最高の64.10を出し2位につけた

昨季5位の中野 友加里は危なげない演技で
自己ベストの61.10で3位

2連覇を目指す安藤 美姫は冒頭の連続ジャンプ
3回転−3回転をコーチの指示で3回転ー2回転に変更
59.21で8位と出遅れた

トップはカロリナ・コストナー(イタリア)で
64.28と浅田 真央とは0.18差

グランプリ・ファイナルで2連覇した金妍児(韓国)は
59.85で5位と出遅れた

浅田 真央は優勝を狙える位置につけている
スピンとスパイラルで得点を出せなかったので
それを考えてフリーに臨むと逆転での初優勝を狙う
続きをどうぞ^^
posted by ふっかふか at 18:40 | スポーツ

2007年07月23日

千秋楽 横綱同士の対決

千秋楽の横綱対決はなんと5年ぶり
琴光喜が敗れたため朝青龍が勝てば3場所ぶりの優勝

新横綱白鵬を寄り切って見事な優勝
支度部屋で涙を浮かべて嬉しさを素直に表現した横綱

この場所は古傷の左肘の靭帯を負傷
普通ならとても相撲などとれる状態ではない
そんな中での優勝
苦しい想いと嬉しさが交錯する優勝になったのではないだろうか

朝青龍の涙がなぜかビーチバレーで負けたときの
浅尾 美和の号泣とだぶってしまった
悔し涙と嬉し涙、その純粋さはどちらも同じものなのであろう
posted by ふっかふか at 17:53 | スポーツ

2007年05月07日

妖精 浅尾無念の3位

ビーチの妖精が号泣
ビーチバレー国内ツアー第2戦、東京オープン6日、
台場ビーチで浅尾美和(21)と西堀健実(25)の第1シードペアは、準決勝で第4シードの浦田聖子(26)鈴木洋美(28)組にストレート負け、ツアー初優勝を逃す

浅尾美和は悔し涙を流し続けた
敗戦直後、浅尾美和はタオルで顔を覆ったまま控室へと直行

コンビを組む西堀と泣き続けた
1時間後、会見場に現れたが、悔し涙は止まらない
「今までで一番悔しいです。上位2チームがいなくて、
優勝のチャンスだったのに、こういう結果になってしまった」
アイドルの号泣、応援していたファンもさぞかし悔しかったであろう

上位2チームがいないということで
初優勝を狙えるチャンスであったが、
上位2チームがいても浅尾美和
充分優勝を狙える実力をつけてもらいたいと
願うファンも少なくないのでは?

それにしても台場の浅尾美和ファン、
凄い加熱ぶりであった
浅尾美和の試合以外は会場はガラガラ
試合会場よりも浅尾美和が練習しているところの方が
ぎっしりと観客で埋まるほど

試合の結果は浦田、鈴木組が決勝も
藤原みか子、駒田順子組をストレートで下して
ツアー初優勝を手にした
満面の笑みでの嬉しい優勝であった
posted by ふっかふか at 10:23 | スポーツ

2007年04月12日

1億ドルの右腕

ボストンフェンエイ・パークで行われたVSマリナーズに先発した
松坂投手、負け投手になり1勝1敗
7回被安打8、奪三振4 失点3という結果でした
 
立ち上がりのイチロー選手への初球はカーブ
捕手と初球はかわすピッチングでと話していたらしい
この打席は投ゴロでした
 
その後もイチロー選手から三振を奪うなどして抑えられたことは
かなり嬉しいはずです。。フォークは投じて欲しくありませんでしたが・・・
この二人7年ぶりの対決?!でどちらも負けたくないという意識は強かったことと思います
 
見どころ充分な試合でマリナーズファンは嬉しい1勝だと思いますが
イチロー選手の活躍だけが足りませんでしたね
 
きょうの松坂投手、イチロー選手を抑えることができましたが
前日のカレの打撃を観たら、打てなくて当然ですね
イチロー選手が絶好調なときに真っ向勝負を期待したいものです
 
この試合、3点目のタイムリーヒット、高目のボール球、しかもインコース
これを力で持っていかれたことをしっかりと分析しないと
メジャーで実力を発揮することは難しいのではないでしょうか
 
一番力がある伸びのあるボールを打たれたのですから・・・
城島選手の2ベース、スライダーを狙っていましたね^^
それにしても2ベースを2本、お見事でした
 
そんな中、眼を惹いたのがマリナーズのエース
フェルナンデスの投球、7回までノーヒットで抑えるピッチング
終わってみれば1安打完封^^
松坂よりもノーヒットで抑えられるかにワクワクして観てました
posted by ふっかふか at 11:42 | スポーツ

2007年04月08日

ニューヨークヤンキース

ニューヨークヤンキースの井川投手
初登板で5回7失点のデビューとなりました

試合はアレックスロドリゲスの逆転満塁サトナラ本塁打で
ニューヨークヤンキースの勝利

井川には負けがつかなかったようです
井川は大食家と聞いてことがあります
異国の地で食べるものが少し変ったことで
若干影響があったのでしょうか

次回の活躍を期待したいものです

松井選手も左ももの裏側を痛めて途中交代
大事に至らなければいいのですが・・・

アレックスの本塁打^^
大好きな選手の活躍で勝ったことが
何よりも嬉しいです

レンジャーズから移籍したとき、サードを守りましたが
ジータと仲もよさそうな姿を見て安心しました
今ではすっかりヤンキースの顔ですね

これからのますますの活躍が楽しみです
posted by ふっかふか at 17:19 | スポーツ

2007年04月03日

選抜栄冠は静岡に

第79回選抜高校野球大会決勝戦は静岡県代表の
常葉学園菊川(静岡)6−5大垣日大(岐阜)で初優勝し幕を下ろしました

菊川は4−5で迎えた八回の裏2点を奪って逆転
9回の表、最後の攻撃となった大垣日大は1アウト後、
死球を受けて出たランナーが果敢に盗塁
続いて代打を起用した大垣
打席に入る前のスイングは鋭く大いに期待できました
初球を見送りタイミングを充分計ったのでしょう

前の打者、頭部に死球を与え明らかに動揺している投手
制球が定まらないのは仕方のないところ
代打で起用された選手、真ん中のストレートを懇親のスイング
放たれた打球は・・・
マウンドの前方やや一塁寄りのトップフライ
これを捕手が補球し、2死となる

総てはここがポイントですね
確実にタイミングは合っていました
気負いと力みからインパクトの瞬間に
右肩が下がっていたようです
悔しくて仕方なかったと思います

最後の打者もインコースのスライダーを芯で捉えたものの
遊撃手の正面のゴロ丁寧に送球し、試合終了

なかなか見ごたえのある試合だったように思います

静岡県勢の優勝は1978年(第50回大会)の浜松商以来29年ぶり4度目
大垣日大は40年(第17回大会)の岐阜商以来67年ぶりの県勢優勝を逃した
どちらが優勝しても初優勝、両校ともにいいチームだとかんじました


常に先手を取られた常葉学園菊川の逆転優勝

その栄誉を讃えたいと思います

敗れはしたものの最後までよく戦った大垣日大、この大会に参加したメンバー全員は
負けたことでその悔しさを今後の人生で活かすことができますね
悔しさ、自分だけの財産だと思います
posted by ふっかふか at 19:11 | スポーツ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。